関井記念館

『関井記念館』とは、住むことがなくなった後も、家と、その想い出を大切に守り
続けてきた大家さんによる関井邸の愛称です。
長い年月の中で様々な編纂を遂げてきた関井邸に、新たな記憶が刻まれてゆきます。
<< 展示予定 | main | 展示案内 アートフェスティバルうらわ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    次回の展示予定 黒多弘文
    0

      アーティスト:黒多弘文



      このたび関井記念館では、黒多弘文個展『0818192526』を開催致します。

      是非、ご高覧頂けたら幸いです。





      黒多弘文

      0818192526 展
      会期中の土・日のみ開館
      12:00〜19:00まで(他応相談)


      黒多弘文は普段の生活では見落とされる、または意識されない行為、現象、事物を拾い上げ、ほんの少しの差異を起こすことで、鑑賞者の五感に働きかけ、場や自身を再認識させる制作を続けています。

      その黒多による静かに簡略化された行為や配置は、我々を否応無しに、一つの感覚を研ぎ澄まさせる状態に導きます。それは、鑑賞者によっては不安を覚えるかもしれないし、安堵や苛立ちを感じる場合もあるでしょう。しかし、次に感じる感覚は、何故その感情が起こるのかを自分自身に問い質している事に気付かされます。また、その場においては全くの関係性が無く初めて訪れた場であっても、自身の経験や記憶によって、また感覚を研ぎ澄ませられたことにより感情の根源を探り、その「場」との接続を鑑賞者に行わせる一種の装置的な仕掛けとなります。

      本展での黒多は果たして、我々に対し、どの感覚を呼び起こし、関井邸と鑑賞者、さらには記憶を結びつけるのか、是非ご高覧ください。


      荻原貴裕(関井記念館)








      | 作品紹介 | 04:01 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 04:01 | - | - |