関井記念館

『関井記念館』とは、住むことがなくなった後も、家と、その想い出を大切に守り
続けてきた大家さんによる関井邸の愛称です。
長い年月の中で様々な編纂を遂げてきた関井邸に、新たな記憶が刻まれてゆきます。
<< 百鬼昼行燈・中山道 | main | 透 き と お る 光 、 束 ね ら れ た 光 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    企画展『収穫祭』終了しました
    0
      銀座奥野ビル306号室プロジェクトによる企画展、〈収穫祭〉が無事終了致しました。







      最終日のトークイベントには、たくさんの方にお越しいただきました。
      黒多弘文さんによるパフォーマンスも行われ、トークイベント後半は、BAR 美容室ならぬ、BAR 関井邸でした。
      当初不評だった関井邸特産のブドウ酒も、約一年経ち、随分まろやかに美味しくなりました◎



      ご来場して下さったみなさん、ありがとうございました!
      収穫祭での展示作品の画像など、おいおいアップしてゆきます。

      関連企画として、次回は関井記念館の荻原貴裕による個展が銀座奥野ビル306号室にて行われます。是非ご高覧ください。

      ■銀座奥野ビル306号室プロジェクト 荻原貴裕 個展




      日程 9月21日(金)〜10月6日(土)まで
      休み 火・水
      時間 12:00〜19:00
      貧藝品評会 9月23日(日)17:00〜(BAR 美容室 同時開催)
            9月30日(日)17:00〜
      ※貧藝品評会に参加ご希望のかたは、sekiikinenkan@gmail.comまでご連絡の上、当日貧藝品ご持参でご参加ください。
      会場 銀座奥野ビル306号室プロジェクト





      銀座奥野ビル306号室プロジェクトを会場に、荻原貴裕による個展『百鬼昼行燈・中山道』を開催します。本展を企画するにあたり荻原は自身の制作アトリエで ある関井記念館から展示会場である306号室まで道のりを歩きながらゴミ拾いをします。本展では“交換”をキーワードに、これまでに荻原が命名し制作してきた貧藝品、および道行く途中で拾ったゴミを貧藝品と仮定して見立て・制作を行いインスタレーションいたします。また展示期間中に「貧藝品評会」を企画し、貧藝とは何かを、皆で話し合い概念を考えていきます。

      | 作品紹介 | 00:02 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:02 | - | - |